Lシステインのサプリメントの安全性ってどうなの?

システインは、アミノ酸の一種で、ヒトが体内で生産できる栄養素でもあります。

体内で出来るということは、摂取しても安全性の高い物質であるという気がしますよね。

確かに、毎日の食事やサプリメントから摂取しても副作用は起こりにくいと言われています。

ただし、研究によれば、あまりにも多くのシステインを服用すると悪心、下痢、腹痛などの症状が出る、との報告もあります。

あまりにも多くとは、どれくらいかと言うと、1日当たり約1500mgといわれています。 サプリメントを飲むときは、これ以上飲まないようにした方がよいでしょうね。

しかし、同時に大量に飲むことだけではなく、毎日一定の量を飲み続けた場合の影響も軽視できませんよ。

飲み続けると、通常の副作用とは異なる別の影響や症状が出てくる人もいますので、覚えておきましょう。それは、白髪が多くなることと、紫外線に敏感になるということです。

「システインが持続的に摂取されたときに白髪が増加する」という症状が報告されています。

一部の人では、髪全体の色素が少し薄くなり、黒髪から茶色に変わるという症状もあるそうです。

というのもシステインには、メラニンの形成を抑制する作用があるのです。

その結果、髪のメラニンも減少し、白髪になる傾向があります。

しかし、ビオチンと呼ばれる栄養素をしっかりと摂取すれば、この現象はある程度予防できると言われています。

また、メラニンは実際に重要な役割を担っています。それは、「肌を守るために紫外線を遮断することですね

システインを過剰に摂取すると、皮膚に含まれるメラニンの量が不足し、紫外線に敏感になります。

ちょっと面倒かもしれませんが、日傘を使うなどして紫外線を避けるようにすれば、肌の状態が大きく変わるはずです。

また、紫外線から身を守るためには、意識的に抗酸化ビタミンを摂るようにすることも重要です。

抗酸化ビタミンには、ビタミンA、C、Eがあります。これらは、紫外線対策に大切なビタミンです。皮膚の健康を維持するためにも大切な栄養素ですから、適切に取りたいですね。

栄養素を効率的に摂りたいならLシステインサプリがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です