たんぽぽコーヒーの副作用は??

妊娠中の方や母乳で育児を行っている方は、安全な食べ物に気を使いますよね。

食べ物だけでなく、飲み物にも注意が必要ですし。

そんな妊娠期・授乳期のママに人気の飲み物としては、たんぽぽコーヒーがあります。

たんぽぽコーヒーは、コーヒーといっても一般的なコーヒー豆は使われていないんで、カフェインも含まず、この点では安心して飲めるということで、人気が出ているようです。

たんぽぽの根っこの部分を煎じて作られているので、コーヒーというより、コーヒー風味のお茶ということです。

味は、煎じ方によっても結構変わってくるので、メーカーや商品ごとに異なります。
タンポポ茶もたんぽぽコーヒーも基本的には同じ種類ということになります。

そんなたんぽぽコーヒーですが、副作用などはあるのでしょうか??

基本的には、母体に及ぼす影響は小さいといわれていますね。

ですが、アレルギーのある方は注意した方がよいでしょう。
たんぽぽは、キク科の植物ですから、キク科の植物、例えば、ブタクサ、キク、ヨモギなどでアレルギー症状を経験したことがある人は、気を付けた方が良いかもしれません。
今までアレルギーを自覚したことがない方も、病院に行けば簡単なパッチテストで自分のアレルギー反応をテストできるので、試してみるのも良いでしょうね。

それから、たんぽぽ茶には利尿作用があります。
利尿作用によって、妊娠中にひどくなりやすいむくみに対する効果も期待できますが、
あまり飲み過ぎると、腎臓への負担が大きくなる場合がありあますね。
タンポポ茶には、栄養素も多く含まれていますが、利尿作用が効きすぎると、栄養を摂取できずに尿として流れてしまう場合もあると聞いたことがあります。

あとは、体の冷えにも気を付けましょう。
尿の排出とともに、体の熱が奪われることになるので。

とにかく、一度に沢山、大量に飲むと何でもよくないということでしょう。
がぶ飲みには注意して、付き合っていけば、最適な飲み物となってくれるのではないでしょうか。

他にも、ルイボスティーなどもオススメです。
妊娠中のお茶で人気のものを試してみると良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です